カードローン審査に落ちる理由

カードローン審査に落ちる理由はコレだった?【原因を徹底調査】

カードローンへの悩みや疑問

カードローン審査に落ちる理由を調査しました

評価の高いカードローンRANKING【当サイト調べ】

カードローン審査に落ちる理由が分かれば、審査の通過率がアップする?

カードローン審査に落ちた人の共通項とは?

カードローンは審査に落ちた時、その金融会社に理由を訪ねても「当社の規定により、今回はお取引を見送らせていただきました」などと、明確な理由を伝えられないのが困ります。

 

理由が分かれば次に申し込むカードローンの審査対策ができますし、自分に何かミスがあったかということも分かります。

 

でも、実際にカードローンに申し込んで、落ちた人の声を集めて分析してみたところ、「カードローン審査に落ちる理由」というのが、ある程度はっきり見えてきました。

 

それは主に

 

  • 年収と他社からの借り入れのバランス
  • 過去・現在の信用問題
  • 申し込みページの入力ミス

 

です。

 

銀行以外は他社からの借り入れ限度額がある

銀行以外の金融会社は、総量規制という規定で、年収の3分の1までしか個人に融資してはいけないことになっています。

 

つまり、年収300万円の人が借りられる金額は100万円です。

 

この金額は1社からの金額ではなく、全部の金融会社からの借り入れ額の合計です。

 

借り入れ申し込み時にこの割合を超えていたら、間違いなくカードローン審査に落ちる理由になりますし、限りなく年収の3分の1の額に達していても審査に落ちるケースが多いようです。

 

個人の信用情報とは?

現在、借り入れをしている金融会社とその金額、過去に取引をしていたクレジットカード会社などでの支払い延滞履歴、自己破産、任意整理といった情報は、信用情報機関が一括で管理しています。

 

金融会社は、個人から借り入れの申し込みがあると、この信用情報機関にこうした情報を確認して申し込み者の信用度をチェックします。

 

自己破産、任意整理といった情報は、もちろん、カードローン審査に落ちる理由になりますし、支払いの延滞事実も信用度をぐっと下げてしまう事実になっているようです。

 

意外に多い申し込みページの入力ミス

インターネットから借り入れの申し込みができる金融会社の申し込みページは、住所や数字などが入力しやすいようになっていて、正しい情報を入力できるようになっています。

 

しかし、ケアレスミスというのは誰にでもあるものですが、これが意外とカードローン審査に落ちる理由になっていることがあるんです。

 

たとえば、他社からの借り入れ額。

 

入力した金額が、実際の借り入れ金額より上だった時は問題ありませんが、少ない金額を入力してしまった場合は、審査担当者から「借り入れ金額を過少申告している」と判断されかねないです。

 

ほかにも、勤続年数なども後に提出する保険証と照合されるケースがあるので、とにかく申し込み内容は慎重に入力し、最後に間違いがないか念入りに確認しましょう。


トップページへ 審査に落ちる理由って? 銀行ローンのメリットは? 消費者金融のメリットは? 評判の良いローンは?